バンドー神戸青少年科学館にて宇宙切手の展示があります

この夏神戸で開催される宇宙イベントにて、ルーチカが手がけた宇宙切手が展示されます。
宇宙切手についてはこちらをごらんください。

バンドー神戸青少年科学館 夏の特別展「宇宙への挑戦」HP

場所:バンドー神戸青少年科学館
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目7-6
TEL:078-302-5177 / FAX:078-302-4816
開催日:2015年7月4日(土)〜 8月31日(月)
休館日:7月8日(水)、7月15日(水)


「世界一の宇宙切手展」というコーナーのなかで銀河連邦の記念切手が展示されます。宇宙切手の展示規模は他に類を見ない850種類。古今東西の主要な宇宙切手をかなり網羅しており、宇宙探査機やロケットの切手はもちろんのこと、星の切手、天文学者や古い天体観測機の切手、アンテナの切手など宇宙好き、天文好き、切手好きなにはたまらない内容となっています。

また、今回の展示を手がけられた宇宙切手蒐集家、辻野 照久さんの講演が7/26(日)に開催されます。世界の宇宙観測・開発・利用のあゆみを切手からみるという興味深い内容です。是非こちらにもご参加ください。講演会は予約制となっております。

またあの切手を多くの方にご覧いただける機会ができて、本当に嬉しいです。関係者の方々へはこの場を借りて感謝いたします。

博物ふぇすてぃばる!終了しました

※この記事はきらら舎:天氣後報 II の記事の一部を転載しています。

博物ふぇすてぃばる! 無事終了いたしました。 
悪天候の中、ブースへお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。 



写真は2日目のブース。 

イベント自体、今回が初めての開催で、手探りでの参加でした。 
台風が接近していたためか、初日のご来場数がとても多く、早い時間にいろいろと売り切れてしまいました。 
それで、2日目分として用意していたものを少し投入しました。 

ここ数年の間に参加した外部イベントはすべて1日だけで、それも日曜日か祝日の月曜日。 
平日は余暇時間がないため、いろいろな準備を前日の土曜日にすることができました。 
今回は土日の参加だったので、その前の発送作業に遅延が生じたり、当日の販売分もあまりたくさん用意ができなかったりしました(申し訳ございません)。 
会場は搬入の際に屋外を通らなくてはならず(屋外の駐車場から建物まで荷物を運ばなくてはならないため)、台風の影響を考慮して水濡れ防止の梱包をしたり、紙モノを減らしたりしました。

土曜日の夜に、販売してしまった翌日分を用意しようと思っていたのですが、金曜日の夜が徹夜だったので、作業効率も悪く、商品数が少なくなってしまいました。 



すでに、ブログでも何度か紹介したのですが、今回の博物ふぇすでは「学問からエンタメ☆」という特別企画がありました。 
「既存の学問や研究から影響を受けた作品、またはそれらを紹介する作品を自分のブースで展示解説する」という企画。 
テーマが明確な出展者の方は、きちんとそういう展示をされていました。 

しかし、個人的にもルーチカとしても興味の対象は多岐に亘り、1つに絞れないままでした。 
それで、興味の対象であるものや、作品を展示しました。 

次回もあるみたいなので、もし参加する場合は、この路線のまま、それでも次回はカフェで行っているワークショップ的なものも取り入れて、テーマを明確にしようと思っていたりします。 

今回のこの展示は毎週、少しづつ変えて、9月4日(土)までカフェに置いておきます。 

また、来週の土日の営業日はスチームパンク東方研究所4「理科趣味の部屋」の発売記念を兼ねているので、博物標本×歯車、理化学硝子などを多目に展示販売します。 
それから、再来週の土曜日の営業日はルーチカ図鑑「結晶」の発行記念の「プレルーチカカフェ vol.1」として「正八面体の美学」をテーマに展示販売します。 
夏休み最終日の30日(土)はワークショップをいろいろ楽しんでもらえる企画&サマーセールです。ワークショップは当日、さまざまなキットや見本を販売しますので、それをご購入してその場で作れる!という方法にて行います。 
キットや見本の紹介はブログで行っていきます。 
また、レジンアイテムやパーツ、産地不明となってしまった鉱物標本、古物などを一回在庫処分しようと思っています。 

博物ふぇす販売物について

8月9日、10日に開催されます「博物ふぇすてぃばる!」。
『ルーチカ』として参加登録していますが、実際の販売母体はきらら舎です。きらら舎におけるイベント販売ラインナップは、仕入れのタイミングやきらら舎ウェブショップでの売れ行きに影響されますが、ルーチカのブログやツイッターでは最新情報をお届けできない現状です。

きらら舎のブログやツイッターで逐次お知らせされていますので、博物ふぇすでの販売物について気になりましたら是非こちらをご確認いただけますと幸いです。

きらら舎ブログ『天気後報II』
きらら舎ツイッター

また、事前予約が可能な物品もあります。

どうぞよろしくおねがいします。

博物ふぇすてぃばる!

※この記事はきらら舎ブログ『天気後報II』より転載しています。

8月に科学技術館で開催される 博物ふぇすてぃばる! に参加します。 

公式サイト 

詳細は公式サイトをご覧いただくほうがわかりやすいと思いますので、ここでの説明は割愛しますが 
当日は「学問からエンタメ☆」という特別企画があります。 
これへの参加内容の提出日が本日までで、いつもギリギリだと反省しながら、さきほど写真などを送りました。 



もともと興味の範囲は広いので、学問からエンタメ☆という、研究発表的(これも初めてのことなので、あまりよくわからず、他の参加者の方の内容を見てみようと思っていたら締切日になってしまったのでした)なもののテーマをさてどうしようと考えても結局一つに絞れませんでした。 

さらに、ルーチカ図鑑は「自由研究ノート」を古い博物学図鑑風に仕立てた小冊子なので、 
あくまでも「自由研究」。 
鉱物を販売するにあたり、一応、大学の通信講座は受講していますが、これもあくまでも学生の身分。 

なので! 
ルーチカ的博物學のすゝめ にしました。 

個人的にはきらら舎的博物學のすゝめを展開していますが、今回はルーチカとして参加するので 
ルーチカ的博物學のすゝめです。 

中世の鉱物標本や永久プレパラート、標本箱、標本壜に惹かれるので、 
きらら舎でもそんなテイストで鉱物や自作のキノコをプレパラート仕立てにしたり、 
ラベルをあえてエイジング加工したりしたものを揃えて、 
中世ヨーロッパの少年の部屋の一角を再現してみることにしました。



小さなフラスコもまた作ります。 
フラスコはそのままで販売する分と、キノコや銀河や人工結晶を入れた販売分があります。 
展示では中味入りを並べます。 



Kent式標本箱も展示します。 
販売分もあります。 



光るキノコやミニチュア試験管も展示、また、販売します。 

ルーチカ図鑑は 鉱物 I 、鉱物 II 、鳥の卵と羽に続き 『結晶』を制作中です。 
結晶は今年が世界結晶年2014ということに因んでいて、世界結晶年に賛同しての活動として登録しています。 

結局、カフェのカオスな机周りを再現する結果になりそうですが、 
蛍石の八面体劈開のコツや結晶の展開図なども「少年のノート」的に展示します。 

ご来場の方に、また、きらら舎通販やカフェにて、この博物學のすゝめのパンフレット(きらら葉)を無料配布します。 

COMITIA108

5月5日に東京ビッグサイトで開催されましたCOMITIA108の「ささきさ」スペースにて委託出展いたしました。当日は新刊の「ルーチカ図鑑 鳥の卵と羽」をはじめ、手帖やレターセットなど、様々な品をお手にとっていただき、ありがとうございます。



ブースの様子です。右側のボックス内がルーチカスペースになります。
かなり手狭になってきているのでCOMITIAでは頃合を見計らってルーチカ単独でサークル出展することも考えています。そのときにはまた告知させていただきますのでどうぞよろしくお願いします。

次回のイベント出展は18日のデザインフェスタ。ブース番号A-377のきらら舎&KentStudioです。

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM