氷晶石

【氷晶石/Cryolite】
Ivigtût, Arsuk-fiord,
Greenland



ルーチカ図鑑 鉱物 I ではシュツルンツ分類に基づき10に分類された鉱物族の中から、03族のハロゲン化鉱物と05族の炭酸塩鉱物を取り上げました。
制作開始当初、ハロゲン化鉱物の標本は岩塩と螢石しか手元になく、氷晶石、塩化アンモン石とアタカマ石は以前販売した際の写真があるはずなのですが、見つけられず、2つだけの掲載の予定でした。
ところが先日、本当に偶然に氷晶石を(そこそこ)大量に入手することができました。
いつもお世話になっている鉱物業者の社長さんが、なぜか大量に入荷したというのです。
「なぜか」というのも、氷晶石は鉱物図鑑にも書いていますが、グリーンランドのIvigtût(現在のIvittuut)で発見された鉱物です。地球上の他の土地に全く無いというわけではないのですが、ほぼ、ここでしか産出されない鉱物で、しかもすでに取り尽くされて現在は閉山している・・・・・という状況です。
こういう鉱物を入手する場合は、コレクターや業者などの放出品ということになります。
ですので、それほどたくさん入手できることは滅多にありません。
今回は個人のコレクターから買ったとのお話でした。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM