博物ふぇすてぃばる!終了しました

※この記事はきらら舎:天氣後報 II の記事の一部を転載しています。

博物ふぇすてぃばる! 無事終了いたしました。 
悪天候の中、ブースへお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。 



写真は2日目のブース。 

イベント自体、今回が初めての開催で、手探りでの参加でした。 
台風が接近していたためか、初日のご来場数がとても多く、早い時間にいろいろと売り切れてしまいました。 
それで、2日目分として用意していたものを少し投入しました。 

ここ数年の間に参加した外部イベントはすべて1日だけで、それも日曜日か祝日の月曜日。 
平日は余暇時間がないため、いろいろな準備を前日の土曜日にすることができました。 
今回は土日の参加だったので、その前の発送作業に遅延が生じたり、当日の販売分もあまりたくさん用意ができなかったりしました(申し訳ございません)。 
会場は搬入の際に屋外を通らなくてはならず(屋外の駐車場から建物まで荷物を運ばなくてはならないため)、台風の影響を考慮して水濡れ防止の梱包をしたり、紙モノを減らしたりしました。

土曜日の夜に、販売してしまった翌日分を用意しようと思っていたのですが、金曜日の夜が徹夜だったので、作業効率も悪く、商品数が少なくなってしまいました。 



すでに、ブログでも何度か紹介したのですが、今回の博物ふぇすでは「学問からエンタメ☆」という特別企画がありました。 
「既存の学問や研究から影響を受けた作品、またはそれらを紹介する作品を自分のブースで展示解説する」という企画。 
テーマが明確な出展者の方は、きちんとそういう展示をされていました。 

しかし、個人的にもルーチカとしても興味の対象は多岐に亘り、1つに絞れないままでした。 
それで、興味の対象であるものや、作品を展示しました。 

次回もあるみたいなので、もし参加する場合は、この路線のまま、それでも次回はカフェで行っているワークショップ的なものも取り入れて、テーマを明確にしようと思っていたりします。 

今回のこの展示は毎週、少しづつ変えて、9月4日(土)までカフェに置いておきます。 

また、来週の土日の営業日はスチームパンク東方研究所4「理科趣味の部屋」の発売記念を兼ねているので、博物標本×歯車、理化学硝子などを多目に展示販売します。 
それから、再来週の土曜日の営業日はルーチカ図鑑「結晶」の発行記念の「プレルーチカカフェ vol.1」として「正八面体の美学」をテーマに展示販売します。 
夏休み最終日の30日(土)はワークショップをいろいろ楽しんでもらえる企画&サマーセールです。ワークショップは当日、さまざまなキットや見本を販売しますので、それをご購入してその場で作れる!という方法にて行います。 
キットや見本の紹介はブログで行っていきます。 
また、レジンアイテムやパーツ、産地不明となってしまった鉱物標本、古物などを一回在庫処分しようと思っています。 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM