天体観測ノート制作裏話など

 この夏発売となった天体観測ノート。

 

 

 マニアックなこのノート制作の経緯と、活用法をご紹介します。

 

 事の発端は、夜ごと星を狩る友人の存在。

 実在するのですよ…昨夜も狩っていました。

 

 その友人は暇さえあれば夜空を見上げています。

 曇りでもビルの谷間でも、夜になると上を向いている。首が痛くなるよと不満を漏らしながら笑っている。より多くの星を見るために、目的地と逆の方向に走る、通りを横断する。飽きるほど見ているのに、見えるといつも大喜びしている。主に肉眼と双眼鏡、コンデジ撮影という身軽さで、惑星と一等星と、衛星を主な獲物としている。そんな友人なのです。

 夜ごとにひとつひとつ狩った星を並べる友人の姿を見て、これを記録するノートがあれば楽しいのではないかと思い、星座早見盤代わりにもなって記録もできる、なおかつ星座早見盤には載っていない惑星や衛星なんかも網羅している天体観測ノートを作るに至ったのでした。

 

 ノートの大きさ、リストの項目などは、星狩り師匠のでこさん(=友人)とRET先生にご協力いただきました。特にこだわったのは都心での天体観望に適した仕様。街明かりで暗い星は見えづらいので、一等星と二等星を大きく目立たせました。下のリストも明るい街でよく見えるものを中心に集めました。

 星座早見盤のカバーでもあるスケールは、ひもを通す穴が開いているのでリングノートのリングと結んでおくことができますが、持ち運びに便利なように末尾にポケットもつけました。

 表紙の天文台は、有名なすばるとアルマのほかに、協力してくれた二人が大好きなニュージーランドのMOA天文台を配置。構想から半年以上かかりましたが、ようやく形にすることができました。

 

 さて、このノート、手に取ったはいいが実際どういう記録をとればいいのか悩まれる方も多いかと思います。師匠の記録をごらんください!

 

 

 

 

 

 

 

 最初の1ページはおとなしめですが、次から本領発揮の記録!さすが師匠です。

 中には宵と夜明け前の記録を1ページに収めている晩もあります。

 

 星狩り上級者までいくとこんなふうにびっしり記録することになるのでしょうが、初めて星を眺める人は一番わかりやすい星から初めて、一晩ごとに星をひとつずつ増やすのも楽しいかと思いますし、惑星ばかりを追って記録するのも面白そうです。今ではGPSと連動してスマホをかざすとそこに見られる恒星や惑星を表示してくれるアプリもたくさんあります。また、私のようにtwitterで師匠から技を伝授してもらいつつ星を狩ると、みんなで見ているような感覚で楽しいですよ。

 

 この冬には、記録がより楽しくなるようなスタンプも作ろうと計画中です。

 ぜひ、あなただけの天体観測ノートを作ってくださいね。


ミニ星座早見盤キット きらら舎カラー

ミニ星座早見盤キット。
ミニ星座早見盤キット/ルーチカ

現在定番は、青・黒・茶・緑・赤の5色ですが、店舗特色(委託販売をするお店で他の色を特注できるシステム)ができます。


ミニ星座早見盤キット/ルーチカ


まずはきらら舎カラーとして、サックスブルーを作ってみました。

ミニ星座早見盤キット/ルーチカ

モニターや撮影時の光源などでかなり色の差がありますが、くすんだ水色です。

この早見盤。
印刷で白の部分は白い紙が蛍光する理由と同じで、ブラックライトで蛍光します。
しかし、カフェ(cafeSAYA)でご購入された場合は蓄光もするように加工できます。

ミニ星座早見盤キット/ルーチカ

ミニ星座早見盤キット/ルーチカ

急いで描いたので点も少なく、滲んでいますが、丁寧に描けばもう少しきれいです。

 

ミニチュア星座早見盤キット きらら舎販売分について

ミニチュア星座早見盤キット、リニューアルして販売開始いたします。

まずはきらら舎での販売分についてのご案内です。
(なお、同じ内容にてきらら舎ブログ「天氣後報 II 」でもご案内しています)

★ 限定セット ¥5400(税込)
ミニチュア星座早見盤/ルーチカ

14色セット。

ミニチュア星座早見盤/ルーチカ

*12/17 予約受付は予定数に達しましたので、受付終了しました。
*12/19(土)のカフェで2セット→残り12/26(土)のシークレット営業日→残りはきらら舎へ在庫補充(12/28)
*12/18(金)予約分で終了しましたのでアップはありません
*博物クリスマスイベント ご予約が多かったためイベントでの販売分はなくなりました。

★ 定番 1つ¥540(税込)
ミニチュア星座早見盤/ルーチカ

上段左 茶 
上段右 黒 
真ん中 赤
下段左 緑
下段右 青

色はご覧になっているモニター設定などの環境によって、実際とは若干異なる場合があります。
予めご了承ください。


各色それぞれ
*12/17 1日限定で予約受付(お一人様2つまで。予約できらら舎販売分に達した場合はそこで受付終了します)
 予約受付終了はきらら舎のツイッターでご案内します @cafeSAYA
*12/19(土)のカフェで各色5つ→残り12/26(土)のシークレット営業日→残りはきらら舎へ在庫補充(12/28)
*12/18(金)きらら舎で各色15づつ(予約分で終了した場合はアップなし)
*博物クリスマスイベントで各色5づつ→残りがあればきらら舎へ在庫補充(12/28)

なお、この商品はキットでのお届けです。
組立てはしていません。
ミニチュア星座早見盤/ルーチカ
ミニチュア星座早見盤/ルーチカ


 

結晶図マスキングテープについて

結晶図のマスキングテープについてのご連絡です。
これまでは線の細いバージョンを販売していましたが、6月より線の太いバージョンに切り替わりました。

細いバージョン


太いバージョン


これによりだいぶ印象がかわりました。

販売当初は製造数の少ない製造方法で生産していました。しかし思いのほか売れ行きが良く、安定供給のために大ロットの製造方法に切り替えなければなりませんでした。印刷方法が変わりカスレ等で細かい表現が難しくなるとのことで工場側と何度もやり取りをして、最終的に太いバージョンのマスキングテープにて販売を再開することとなったのでした。

そして実際に新しいバージョンのマスキングテープが届いたら…旧バージョンから予想以上に印象が変わりました。大ロットの製造方法ですと特にラインの表現は不向きのようです。新旧見比べてみると細いタイプのほうが繊細な結晶図を忠実に表現していることがよくわかります。お客様からのご意見やリサーチでも、細いほうを推される方が多く見られました。

そこで次のロットからはまた小ロットでの製造方法を用いることになりました。安定供給のためには手間やコストがかかるため、価格を500円に改訂予定です。今の在庫がなくなってからの販売になりますので、少々お待ちいただくことになるかと思います。

今回の製造方法変更で色々なご意見の方がおられると思いますが、これからも試行錯誤しつつ良いものを皆様にお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

宇宙切手のこと

こんにちは、TOKOです。
SAYAさん@きらら舎では、現在博物ふぇす出展に向けて準備に大忙しです。私のほうは諸事情によりディーラーサイドでの参加が難しいため、今回はSAYAさんにお任せし、日曜日の午後に家族で会場へ向かう予定にしています。

さて、今回は博物ふぇすとは関係ないTOKOの自慢話です。
自慢話…どうやって切り出したらいいのだろうか。まず、この話は、TOKOのグッズ制作拠点が「ルーチカ」に移行する前、「ささきさ」の前身である「我楽多倶楽部」で活動していたときに実現したものです。

表題にあるとおり、宇宙切手のこと。

私はものを蒐集しくなり、切手蒐集の趣味もありません。でも「切手は小さな美術品」というのはほんとうで、目打ちのギザギザに囲まれた四角の中の多用なデザインに魅入られます。特に旧共産圏の多色刷りデザインが、宇宙切手が好きです。



同時に、日本の宇宙機のファンでもあります。打ち上げ当時の最新技術を駆使した、ミッションを遂行するために考え抜かれた機能美。それから効率よく目的の地点まで到達する軌道の美しさ。海外の宇宙機に引けを取らぬ面々が、日本にたくさんいます。

けれども見回してみると、日本の宇宙機の切手が意外と少ないのです。しかも最近ではCGを中心とたグラデーションを駆使したデザインが多く、のっぺりとした多色刷りはほとんど見かけません。それじゃあ、自分で作ってしまおう、と日本の科学衛星の二色刷シリーズに手をつけたのがことの発端でした。そう、日本の宇宙切手が作りたかったのです。

個人で宇宙切手を作るのは容易ではありません。幸い郵便局では「フレーム切手」というサービスがありますが、1シートに10種類の切手を収めてシートの余白にもオリジナルデザインを…となると1000シート以上制作しなくてはならないため、ほぼ不可能に近いです。そこで、個人で作れる切手をちまちまと制作しつつ、切手ではなくゴム印とか手ぬぐいとか、多色刷りでも可能なグッズを作り続けていました。

そんなところ、宇宙ファンのコミュニティで知り合った友達から「宇宙切手の企画があるのだけど、図案提供できない?」とのお誘いがありました。企画に携わったJAXAの阪本先生が私の図案を目に留めてくださり、その話を聞きつけた知人が私に連絡してくれたのです。これはほんとうに、願ってもないお話でした。こうして宇宙切手の夢は「銀河連邦25周年記念フレーム切手」として、郵便局から地域限定販売されることになったのです。



そしてさらに今、嬉しいことが起こっています。
この切手が東京都現代美術館の[宇宙×芸術]で展示されていることと、JAXAの広報誌「JAXA's No.056」に掲載されたことです。自分が手がけた図案が美術館に、JAXAの広報誌に…こんなことってあるのでしょうか。信じられません。

また個人的には、JAXAの広報誌で阪本先生がご自分の作品のように語ってくださっていることがなんとも嬉しいです。確かに図案は私が書き起しましたが、阪本先生と図案のやりとりを幾度も行いまして、シートの随所に先生のこだわりがちりばめられています。また、阪本先生との私のやりとりを取り持ってくださったH先生も、多忙きわまる中で細かいところまで目を通し、この切手の発行をご自分のことのように喜んでくださいました。
いちJAXAファンだった自分が、こんなふうに先生方と憧れの宇宙切手を作り上げることができた…というのは、多分一生でこれきりだろうなと思います。

切手を夢見て宇宙機の図案を作って、よかった。本当によかったです。

今は諸々の事情で宇宙機の図案からは遠ざかっています。でもいつか『ルーチカ図鑑』で宇宙をテーマにして、宇宙グッズもたくさん出したいです。今度は二色刷ではなく、もっと違う図案を。もっと違うアプローチで。
…あ、いろいろと妄想が湧き上がってきた…。

またひとつ、夢ができました。



写真は、東京都現代美術館で友達が撮影してくれた写真(自分はこれから行く…)。居並ぶ国内外の宇宙切手に囲まれて、感無量です。展示されていることを教えてくれたHさんDさん、どうもありがとう!

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM